男のたしなみ服装術【テーラー新屋】 コーヒーブレイク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

明けましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

ブログの更新頻度は相変わらず少ないダイスケですが、今年もマイペースで更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。


さて、昨年のブログの更新は6月が最後だったので、今回はそれ以降のニュースについて書きたいと思います。

まずは、7月1日

浜松市立大瀬小学校の朝会にゲストスピーカーとして参加しました。
そして、小学生の皆様の前で「使い捨てではなく、本当に良いものを大切に長く使う」というテーマでお話をさせていただきました。
低学年には少し難しい話だったかもしれませんが、将来、「あぁ、そういえば昔テーラーが来て話しをしたな」くらいの気持ちで覚えていてくれたら嬉しい限りです。下記のURLにその時様子や内容が載っていますので是非ご覧下さい。
大瀬小学校


次は、8月

今まで使っていたロゴを変更し、一転して新しいロゴを作成しました。
こちらのロゴはスーツなどの重衣料を中心に展開していきたいと思います。
ロゴ1jpg

こちらはワイシャツや、帽子、ネクタイなど軽衣料に使用していきたいと思います。
Logo2.jpg


続いて9月

浜松市のコングレスセンターで毎年2回行う展示会を開催しました。
残念なことに今回が最後の展示会となってしまいました。
最後ということもあってか、本当に大勢のお客様が来店してくださり、おかげさまで来客数及び、売り上げとも一番活気があり、他のテーラーより沢山の注文をいただきました。


11月

仕事の終わった夕方より既製服のスーツの販売員としてアルバイトを始めました。
薄利多売の商売を経験することで、既製服とオーダーメードの違いをはっきりと理解し、また、オーダーメードのスーツに足りない事、逆にオーダーメードでしか出来ない事を学んでいます。そして、より多くのお客様に接することで、体型把握に役立っています。


最後は、12月

東京の有名なテーラーの下で、通いながらの修行を始めました。
この先生は大変素晴らしいテーラーで、バリアフリーなど今後日本に必要な事をいち早く取り入れ、また、カリキュラムの無い、学びたい事を自由に学ばせていただけるので、大変勉強になっております。当店の技術を利用しつつ、新たな試みに挑戦している最中です。


ブログを更新出来なかったので、大まかではありますが、昨年のニュースをお伝えしました。


浜松市のオーダースーツ【テーラー新屋】は、40、50歳は洟垂れ小僧と呼ばれるテーラー業界で、より一層の努力をしてまいりますので、本年もよろしくお願い申し上げます。


テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

2009.01.08 | Comments(0) | Trackback(0) | コーヒーブレイク

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。


2008年も相変わらず努力精進いたしますので浜松市のオーダースーツ【テーラー新屋】をよろしくお願いいたします。


ブログ、HPともに相変わらずマイペースにですが更新していきますので、そちらもよろしくお願いいたします。

テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

2008.01.01 | Comments(0) | Trackback(0) | コーヒーブレイク

人間は中身より見た目??

ボロは着てても心は錦』では通りにくい時代になったんだなと感じたダイスケです、こんばんは。


6月23日のlivedoorニュースによると

Yahoo!知恵袋で「人は、見かけなのでしょうか?」という質問があったので、「人は見た目が何割だと思いますか?」というアンケート を当サイトで行ったところ、

7割(253票/29%)、8割(162票/18%)、 6割(140票/16%)、9割以上(137票/15%)、5割(117票/13%)、 4割(42票/5%)、3割(25票/3%)、2割(5票/1%)、 1割以下(4票/0%)(6月22日時点)

http://news.livedoor.com/article/detail/3209055/

という結果になったそうです。多くの人が7割以上外見で判断するというのは驚きです。

中には

「見た目こそ、その人がどう見られたいかをすべてあらわしている。無意識な人も含めて。だから見た目ですべて判断して良いのです。見た目10割です。」(FUZIWARAさん)

「見た目が全て。態度とか言動も含めてですが見た目と中身が違う例はかなり希有」(hnさん)

「10割。本当の内面は誰にもわからない。普通に言うところの内面は外見化されたもの。」(ケミさん)


と『見た目こそ全て』というちょっと極端な方もいらっしゃるようです。


私自身、『見た目』や『見栄え』の商売をしていますが、見た目だけで判断することはとてもできません。

・・・しかし

衣服は対人関係において『口ほどにモノを言う』ことも否定できません。


恋愛はまた別なのかもしれませんが、ビジネスに関していえば、

スーツを正しく着こなせるからといって、必ずしもビジネスや人生が成功するわけではありませんが、少なくとも、しっかりとした着こなしのできている人は、きちんとした社会人であることの証明にはなると思います。

そして、そうした人の多くは『第一印象の重要性』をよく理解されていて、外見だけで判断されないように気を使っている気がします。


西欧のことわざに

"A good face is a letter of recommendation"

というものがあります。直訳するなら

"美人ならそれだけで推薦状になる"

という意味になり、まさに今回の『人間は見た目』といった趣旨にピッタリです。しかし、ちょっと疑問が残ります。

なぜ『美人』を『beautiful woman』、男性なら『handsom』、両方の意味合いでいうのなら『good-looker』としなかったのでしょうか?

『good face』を和訳すると確かに『美人』と翻訳されますが、『美人』を英訳しても『good face』は出てきません。


今回、世界一の美女となった『森理世』さんに対するミス・ユニバースの審査基準は

水着審査で健康的な肉体、ドレス審査で着こなしと表現力、面接で内面の美しさが審査される。

「(全世界の女性が)手本とすべき女性」を探しており、審査基準は55年間変わっていないという。

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070608k0000e040016000c.html

だそうです。

つまり『美人』というのは、顔や体のパーツの比率や配置の問題だけでなく、着こなしや内面の美しさも兼ね備えていなければいけません。

そうすると、『good face』をただ『美人』と訳すよりも、『清潔な身だしなみや着こなしのできる人』と訳して

"清楚な洋服は最良の紹介状"

とすればしっくりきます。


外見に対するパーセント表示はナンセンスだとして、第三者に対して不快感を与える服装よりは、爽快、清潔を感じさせる服装をして、社会人としてマイナスをこうむることのないようにしたいものです。


浜松市のオーダースーツ【テーラー新屋】は、同じ静岡県出身の森理世さんを応援しています。

テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

2007.06.27 | Comments(0) | Trackback(0) | コーヒーブレイク

«  | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

プロフィール

テーラー新屋

Author:テーラー新屋
テーラー新屋ホームページはこちら

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

facebook


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。