男のたしなみ服装術【テーラー新屋】 【クラシック】紳士服の歴史【服装史】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

【クラシック】紳士服の歴史【服装史】

先日、浜松市美術館に石田徹也展を観に行ってきたダイスケです。

石田徹也さんの絵は1999年を境に作風が変わるのですが、私は1999年以前の作「社長の傘の下」と「兵士」に魅了されました。
また、北川民次さんの「雑草の如く」にもとても興味を惹かれました。メキシコに滞在していただけあり、アステカ文明で描くような目が印象に残りました。


それでは本題の『紳士服の歴史』に入りたいと思います。

現在の紳士服が、男のユニフォームのように着られてから130年以上経ちます。

背広の起源については色々と諸説がありますが
背部が広い服というところから、この言葉が出来たという説が有力なようです。燕尾服やフロックコート、モーニングコートのように背中の部分が4つのキレで出来ているのに対し、背広は2枚のキレで仕立てられているからです。
また一説には、Savile Row(サヴィル・ロウ)からセビロになまったという説もあります。
もう一つには、宮廷服や官服に対して市民の服、つまり、Civil Wear(シビル・ウェア)からセビロになったという説もありますが、これはあまり当てにならないようです。


紳士服の歴史を大雑把にとらえてみると、軍服から始まり、それが平常服となり、時経って礼服として服装昇格するのが原則と言われています。

さて、今日の燕尾服(テールコート)が現れたのは1810年頃だと言われているので、1840年頃に出始めたフロックコート(プリンスアルバート)よりも少し古いとされています。

そしてフロックコートの前をカッタウェイしたのがモーニングコートで、これは1897年頃とされており、現在のように礼服化したのは1910年頃からです。


ズボンに関しては、ズボンの幅が広くなりトラウザーズとなったのは1830年頃とされています。

なお、ズボンという言葉はフランス語のジュポンからきた言葉のようです。また、パンタロンはキュロットに対して長ズボンのことであり、イタリアの喜劇俳優パンタローネからきたものと言われています。


それでは現在のように上衣の丈が短くなって今日の背広の原型であるLounge Suit(ラウンジスーツ)になったのはいつごろかというと1850年頃であり、アメリカのSack Suit(サックスーツ)は1880年代です。

つまり、現在の紳士服の原型は1850年代から1870年代に整えられたものと思えば間違いのないと言えそうです。


最後に1920年代のギャング華やかなりし頃の映画『アンタッチャブル』、アラン・ドロンとベルモンド共演のフランス映画『ボルサリーノ』、1930年代の名映画『俺達に明日はない』は衣裳考証からいってもすばらしいので、そういった視点で観るとまた違った面白さがあると思います。


浜松市のオーダースーツ【テーラー新屋】はGod Father PartⅡのヴィト・コルレオーネの若かりし頃の服装が素敵だと思います。


スポンサーサイト

テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

2009.05.21 | Comments(2) | Trackback(0) | スーツ・シャツ

コメント

I pantaloni !!

メッセありがとうね^^
それぞれの場所で頑張っている同級生に再会すると、”自分も頑張らなくちゃ!”と、良いエネルギーもらえて嬉しいです。

それにしても”パンタローネ”・・・。
ここ1年位イタリア語をならっているのだけど、俳優さんのお名前だとは存じませんでした。

お勉強させていただきました。
ありがとう♪

2009-05-21 木 22:31:33 | URL | 鹿島千尋 #- [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2010-11-17 水 11:16:46 | | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

プロフィール

テーラー新屋

Author:テーラー新屋
テーラー新屋ホームページはこちら

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

facebook


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。