男のたしなみ服装術【テーラー新屋】 【ネクタイの結び方】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

【ネクタイの結び方】

今年も父の日が近づき『ネクタイ』を贈ることができなくて悩んでいるダイスケです、こんばんは。さすがに店にあるネクタイを渡してもね…


父の日といえば、やはりネクタイが定番です。
昨年はこの時期に『よいネクタイの選び方』を書きましたので、今年はもう一歩踏み込んで、『ネクタイの結び方』について書いてみようと思います。
プレゼントのついでに結び方まで教えてあげたら喜ぶのではないでしょうか?


トマス・フィンクの「ネクタイの数学」によると、ネクタイには85通りの結び方があるそうです。(ネクタイの長さで結べる限界を9ステップとした場合)
しかし、それはあくまでも数学的な話で、実際に結ぶにあたって美的に見える(対称性やバランスなどを考慮した)結び方は13通りといわれています。


Youtubeに親切にもいくつか結び方を載せている人がいたので、それぞれの特徴を踏まえながら紹介したいと思います。
重要なことは、どんな結び方をするにしても、ネクタイの素材の選択、ノット(結び目)とカラーのバランスが大事だということです。


ノット(結び目)が小さい順に紹介していくと

■オリエンタル
一番簡単で最も結び目の小さい結び方
対称性もバランスも完璧なこの結び方はシンプルかつエレガントな構造をもっています。しかし、単純なので丁寧に結ばないと形が整わなく、緩みやすい欠点があります。
ニット・タイやウール・タイなど厚地のネクタイを小さいノットにしたい時には最適です。



■フォアインハンド
最も広く普及している結び方
日本では『シングルノット』とも呼ばれたりしています。
ほっそりした先細りのノットで、きちんとした三角形にせず、あえてバランスを崩すのがポイントです。



■ケルヴィン
オリエンタルにさらに大剣をもう一度小剣に巻きつける結び方
フォアインハンドより対称性が高く、ふっくらしています。
ほっそりとしてエレガントなノットです。


■ニッキー
エレガントかつ用途の広い結び方
フォアインハンドとハーフウィンザーの中間のサイズです。



■ヴィクトリア
薄地のネクタイや使い古したネクタイを結ぶときに役立つ結び方
日本では『ダブルノット』と呼ばれています。
ノットの形はフォアインハンドと似ているがやや厚みが出ます。



■ハーフウィンザー
最も用途の広い結び方
フォアインハンドとウィンザーの中間に位置します。
対称性もバランスも完璧で極端なところがなくバランスの取れた形です。
薄地のネクタイや使い込んで柔らかくなったネクタイで締めれば目立たないノット、シルクやウールのヴォリュームのあるネクタイで締めれば存在感のあるノットになります。



■セントアンドリュー
ハーフウィンザーとウィンザーの中間に位置するが、どちらよりもほっそりとした結び方
綺麗に結ぶことができれば、ディンプル映えのする厚みのある結び目ができ、優美なひだを作ることができます。



■プラッツバーグ
対称性が比較的高く上が広く下が細い逆三角形となる結び方
幅の広い結び目になるため、ワイドカラーに薄地のネクタイを結ぶときや、使い古しのネクタイを使うときに最適です。



■キャヴェンディッシュ
フォアインハンドを2回、左右に締める結び方
フォアインハンドの形と似ていて、ほっそりした三角形ですが、フォアインハンドよりもふっくらしたノットになります。
ナローカラーにもワイドカラーにもバランスよく結べます。



■ウィンザー
ウィンザー(スプレッド)カラーによく似合う結び方
ウィンザー公が好んで締めていたネクタイのように厚みのある三角形のノットです。(ウィンザー公はこの結び方をせず、別の方法で厚みを出していました。)
印象を抑えたい時は、軽い素材のタイか使い込んで軟らかくなったタイで結ぶとよいです。



■グランチスター
ケルヴィンにフォアインハンドを組み合わせた結び方
今の時代にはなかなか結ぶ人はいませんが、量感のある大きなノットを好む人は結んでみるといいかもしれません。


■ハノーヴァー
オリエンタルにハーフウィンザーを拡張した結び方
対称性もバランスも完璧で、シンプルかつエレガントでバランスの良い三角形のノットですが、サイズはウィンザーよりもさらに大きいです。


■バルチェス
プラッツバーグの拡張型で、プラッツバーグが2回繰り返すのに対して3回繰り返す結び方
9ステップの中でももっとも幅の広い逆三角形のノットです。


私自身この13通り以外にも色々試してみました。
結果、以前はダブルノットが多かったのですが、現在はキャヴェンディッシュで結ぶことが多くなり、またシルキーな素材のネクタイのときにはセントアンドリュース、ウールのネクタイならオリエンタルで結ぶ、というように使いわけるようになりました。


浜松市のオーダースーツ【テーラー新屋】は『日本中の頑張っているお父さん』を応援しています。


スポンサーサイト

テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

2008.06.09 | Comments(0) | Trackback(0) | 服飾小物

«  | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

プロフィール

テーラー新屋

Author:テーラー新屋
テーラー新屋ホームページはこちら

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

facebook


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。