男のたしなみ服装術【テーラー新屋】 【羊】ウールとモヘアの違い【山羊】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

【羊】ウールとモヘアの違い【山羊】

梅雨の季節真っ只中で、連日降る雨に少し憂鬱なダイスケです、こんばんは。


日本人にとって馴染みのある繊維といえば絹、麻、綿が挙げられます。それもそのはず、2千年来の伝統を誇る着物文化を築いてきたからです。


ところが、『』の服飾文化はまだ浅く、日本語では動物の毛はすべて『』の1語で表現されていることからも感じとれます。

例えば、『』、『アンゴラ山羊』、『カシミヤ山羊』、『らくだ』、『アルパカ』…etc
羊毛と獣毛とを区別する言葉が無いのです。

一方、アメリカやヨーロッパでは羊の毛のみを『wool』とし、獣毛は『hair』と区別しています。


そこで今回はウール(羊)と獣毛の代表格であるモヘア(アンゴラ山羊)の違いについて4つの項目に分けて書いてみたいと思います。少々退屈だと思います。


1.ウールとモヘアでは毛の組織構造が違います。

ウールには『クリンプ』と呼ばれる縮れた繊維の集合のため伸縮性に富み、繊維と繊維の間に空気を含ませ保温力があります。簡単に言えばアフロです

一方、モヘアには『クリンプ』が無く真っ直ぐの繊維なので余り伸び縮みしません。その為フェルトには出来ませんが、起毛したモヘアは繊維が綺麗に並ぶのでウールよりも膨大な空気を含むことができます。これはストレートヘアを逆毛にしたイメージです。
起毛したモヘアはウールの半分の目方で、温かさは倍の保湿力があるといわれています。


2.スケールの違い

ウールは『スケール』と呼ばれる、繊維の表面がうろこ状になっています。例えるなら地層の断層写真のようになっています。言い換えれば、からみ易い性質を持っていますので、巻縮して起毛させフェルト化しやすいと言えます。

モヘアはその逆で、平滑で光沢豊かな『スケール』におおわれているため、全くフェルト化することが出来ない代わりに、なめらかで光沢にめぐまれたソフトな手触りとなります。モヘアのスケールは薄いガラス板を重ねたようなイメージです。


3.毛髄の有無

ウールの繊維はほとんど毛髄が後退したものが多いのに対し、モヘアは毛髄がよく発達しているので、ところどころ中空になっています。その中空の構造が温度の伝導を遮るので、冬物用としては暖かく、夏物用には涼しい効果をもたらします。


4.吸湿スピードの違い

ウールもモヘアも吸湿性に恵まれていますが、麻と綿の吸湿スピードの差と同様、モヘアはウールに比べて倍の吸湿の速さがあると言われています。この優れた性質の為、絹と同じくモヘアも夏物衣料として最高の快適性が評価されています。


まとめ

ウールは無数のクリンプを持って、からみ易いスケールが突出しているのでザラザラの繊維で、モヘアは光り輝くスベスベの薄いガラス板のようなスケールでおおわれているのでツルツルの繊維。どちらが優れているわけではなく、用途に応じて上手に使い分けることが重要です。


色々小難しいことを書きましたが、それでも随分と簡略化して書いていますので、興味を持った方は詳しく調べてみると面白いと思います。

ちなみに『モヘア』という語は古代アラビア語の『ムカハヤ』という『輝く山羊の毛の布地』を意味する言葉からきているそうです。


最近は3シーズン対応の薄手のウールのスーツばかり見受けられます。
1年中薄手のウールで過ごすより、季節に合った生地を選んで着た方が粋だし、なにより着ていて季節感を感じとれることができ、スーツを着ること自体が楽しくなるのではないかと思ったからです。


浜松市のオーダースーツ【テーラー新屋】は四季折々のスーツもよいですが、12ヶ月それぞれの月に合ったスーツが着られることができたらステキだなと思います。


スポンサーサイト

テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

2008.06.21 | Comments(0) | Trackback(0) | スーツ・シャツ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

プロフィール

テーラー新屋

Author:テーラー新屋
テーラー新屋ホームページはこちら

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

facebook


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。